国内Galaxy S7 edgeにAndroid 7.0アップデート配信開始

設定メニューがとてもシンプルになります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年03月16日, 午後 06:45 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter

NTTドコモおよびKDDI(au)から発売中のGalaxy S7 edgeにAndroid 7.0 Nougatへのソフトウェアアップデートが配信開始されました。

Android 7.0の標準機能である、2つのアプリを同時に利用できるマルチウィンドウや、通知エリアからのメッセージの直接返信に対応するほか、Amazonプライム・ビデオ等で配信されているHDR動画再生に対応。画面OFF時にも時計やカレンダーを表示できるAlways on Displayで通知アイコンをダブルタップするとアプリが起動するなどの機能が追加されます。

セキュリティの更新も行われており、更新後のセキュリティパッチレベルは2017年3月となります。

更新にかかる時間は約40分程。更新後のビルド番号は、NTTドコモが「NRD90M.SC02HOMU1BQC4」、KDDI(au)が「NRD90M.SCV33KDU1BQC4」。



▲Always On Displayの通知アイコンをダブルタップすることでアプリが起動するように(左)。設定画面も従来から大きく変更されています(右)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, Android 7.0, galaxy, galaxys7edge, nougat, Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter