知人の現在地、Google Mapでリアルタイム表示可能に 「現在地の共有」ついにロールアウト

「仕事で遅くなっちゃって」「ずっと飲み屋にいたみたいだけど?」

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年03月29日, 午後 03:00 in google
0シェア
FacebookTwitter

先週「近日中にロールアウトする」と発表されていたGoogleマップでリアルタイムに位置情報を共有する機能が、実際に利用可能となりました。

この機能は、自分のいる場所を他の人に共有し、共有された側がGoogleマップ上で相手のリアルタイムの現在地を確認できるというもの。これまで自分のいる場所を知らせるためには、Googleマップの座標や、近くにあるお店の住所などが必要でしたが、これからは簡単に今いる場所を共有できます。



メニューから「現在地を共有」を選ぶか、地図上で自分の位置を示す青い〇をタッチすると、共有メニューが表示されます。

共有する相手や共有する時間を15分~3日の間で指定可能。相手を指定せず、メールでURLを送ってリンクを知っている人なら誰も居場所がわかるようにすることもできます。例えば公園や町全体を使ったイベントなどのときに、参加者に対してスタッフの居場所を共有したりする際には使えそうな機能です。


いまから30分だけ現在地を共有するということも可能

この他、Googleマップでナビを使う場合には、そのルートと到着予想時刻の共有も可能です。待ち合わせに遅れそうなときなどにも、「今どこにいて、あとどれくらいで到着する」というのをリアルタイムに知らせることができます。


移動ルートの共有も可能。

現在位置の共有と、共有されたルートの確認はAndroidまたはiOSのGoogleマップからしか行えませんが、共有された現在位置はWEB版のGoogleマップでも確認できます。



実際にどれだけ使えるのかは、利用する端末のGPS精度次第ではありますが、「同じ公園にいるはずなのに待ち合わせ相手があらわれない」なんてことは過去の話になりそうです。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, google, googlemap, ios, iphone, location, map, mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents