カニエ・ウェストが突然Twitterアカウントを削除、2700万フォロワーを路頭に迷わせる。Instagramも消滅

またも御乱心か

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年05月8日, 午後 12:45 in Internet
0シェア
FacebookTwitter
 
ラッパー界でもトップクラスのTwitter芸人ことカニエ・ウェストが、TwitterおよびInstagramのアカウントを削除しました。Twitterのアカウントについていた2700万人ものフォロワーはさぞかし落胆していることでしょう。カニエ・ウェストといえば類まれなる才能の持ち主であるとともに、普段からエキセントリックな言動や行動でも知られ、そのツイートはときに物議をかもし、ときに音楽編集ソフトの不正使用がバレ(後に自分ではないと釈明し)たりとファンを楽しませてくれるものでした。

ところがある日突然、2700万ものフォロワーを抱えるTwitterアカウントが削除されてしまったとあっては、ファンならずとも何が起こったのかが気になるところです(筋金入りのファンなら「まあカニエだし」と納得しているかもしれませんが)。
 

カニエ自身からは事前にアカウント削除についての発言はありませんでした。ただ、事業家としての側面も併せ持つカニエのこと、何かしらの計算がそこにあるという推測も出ています。たとえば、カニエの妻キム・カーダシアンは、夫のTwitterアカウント削除に近いタイミングで「Kids Supply」という新しい子供服ブランドを夫妻で手がけていることを明かしており、それに関連している可能性も考えられます。

一方で、一時的な精神状態の悪化を理由に突然入院、ツアーをキャンセルしたり、知人に意味不明なメールを大量に送り付けたり、最優秀アルバム賞を確約しなければグラミーに出席しないと発言するなど、ある意味日常的な混乱状態の行動のひとつとしてのアカウント削除の線も考えられなくはありません。

カニエ・ウェストはかつて自身のブログを気に入っており、当時はクリエイティブでいるために忙しいので「クソいまいましいTwitterのアカウントなど持つことはない」と発言していました。しかしいつのまにかブログは閉鎖されTwitterアカウントを開設、さらに2013年には「Instagramなどやらない」といいつつも、2016年9月にはInstagramアカウントを作って投稿しています。

記事執筆時点ではカニエの代理人も(妻のキム・カーダシアンも)今回のアカウント削除に関するコメントを出していません。ただ、これまでの経緯を踏まえて考えれば、たとえいまアカウントがなかろうとも、遅かれ早かれカニエ本人がまたオンラインに現れる可能性は高いと思っておいて良さそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: entertainment, instagram, internet, kanye, kanyewest, lifeofpablo, saintpablo, saintpablotour, socialmedia, socialnetwork, socialnetworks, twitter, yeezy
0シェア
FacebookTwitter