Apple Watchで睡眠追跡が可能に?アップルが睡眠トラッカーアプリのBedditを買収

気になるのはApple Watchのバッテリー

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年05月10日, 午後 01:00 in Wearables
0シェア
FacebookTwitter
 
アップルが、睡眠トラッカーアプリを開発する企業Bedditを買収しました。目的としては、iOSデバイスおよびApple Watchへの機能の取り込みが考えられます。とくにApple Watchは活動量計としての機能を備えつつも、夜間は充電のために取り外されることが多く、睡眠追跡機能が手薄です。

BedditはiOSのHealthKitと連携する睡眠追跡アプリで、ベッドに敷いた帯状のセンサーを使ってユーザーの睡眠の様子をトラッキング、スコア形式で分析できるようにします。取得可能なパラメーターは睡眠サイクル、心拍数、呼吸数、睡眠時間、睡眠深度、一晩に起きた回数、さらにはiPhone/iPadのマイクを使い、いびきのようすまでを取得可能です。
 
 
アップルがBedditを買収したことで、今後その機能をiPhoneおよびApple Watchに取り込む可能性が高まります。もしそれが実現するならば、ユーザーは他の睡眠追跡アプリを使ったり、Apple Watch 以外のフィットネスバンドを装着する必要はなくなるかもしれません。

ただ、現状ではApple Watchの電池持続時間は短く、単体の睡眠トラッカーとして使えるかといえば微妙なところ。Apple WatchがBedditの技術を有効活用するためには、超省電力モードを用意するなり、次世代以降のApple Watchの電池持続時間を大きく伸ばすなりする必要がありそうです。

なお、Bedditの発表によると、すでにBedditアプリを利用しているユーザーの情報などは今後、アップルの個人情報保護方針に基づいて取り扱われるとのこと。記事執筆時点ではBedditアプリはまだ変わらずApp Storeから入手可能です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acquisition, apple, applenews, applewatch, beddit, gear, health, ios, iPhone, misfit, mobile, sleep, sleeptracking, smartwatch, watchos, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents