アップル、iTunesをWindows Storeで配信。Windows 10 Sにも対応、2017年内に提供予定

学生もiPhone/iPad、Apple Musicの重要な顧客

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年05月12日, 午前 04:10 in Personal Conputing
0シェア
FacebookTwitter
マイクロソフトの開発者向けイベントBuild 2017より。アップルがWindows Store版iTunesを配信すると発表しました。

アップルがWindows Storeにアプリケーションを供給するとは、これまで殆どの人が想像もしなかったとは思われます。ただ、マイクロソフトが先日発表した学生向けOS「Windows 10 S」は、Windows Storeストアアプリ以外のインストールができない制約があるため、アップルとしては将来の大口ユーザーになりうる学生に iPhoneやiPadを使ってもらうため、iTunesをWindows Storeで配布する必要性が生じました。

ともあれWindows StoreでiTunesが配信されることで、WindowsユーザーはiPhoneやiPadを同期・バックアップするために、もしくはApple Musicを再生するためにブラウザーでアップルのサイトを訪れ、ソフトをダウンロード、インストールする手間が省けるようになります。

またすでにiPhone/iPad、Apple Musicを使っている学生も安心してWindows 10 S搭載PCを購入できるようになります。

Windows Store版iTunesがデスクトップアプリ版とどう異なるかについてはマイクロソフトから言及はありませんでしたが、提供開始時期は2017年内とのこと。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, applemusic, applenews, build2017, gear, itunes, microsoft, music, personal computing, Personal Conputing, personalcomputing, windows, windows10, windows10s, windowsstore
0シェア
FacebookTwitter