対話型音声入力Googleアシスタントが日本語対応へ。スマートスピーカーGoogle Homeも今夏国内発売

おっけーぐーぐる↑

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年05月18日, 午前 06:00 in AI
0シェア
FacebookTwitter
Googleの開発者イベントGoogle I/O 2017より。Googleアシスタントがこの夏に対応言語と拡大、日本語にも対応します。Googleアシスタントは同じI/Oの壇上で発表されたAI認識のビジュアル検索機能Google Lens機能とも密接に連携するほか、照明や自動車などあらたな分野に対応を拡大します。

Googleアシスタントが新たに覚えた言語は日本語のほかフランス語、ドイツ語、ブラジルポルトガル語。また年内にはイタリア語、スペイン語、韓国語にも対応します。

さらに、Googleアシスタントの日本語対応にあわせて、スマートスピーカーGoogle Homeも新たに日本語に対応することが発表されました。こちらもやはり夏より日本でも入手可能になるとのこと。

もうすぐ日本語でもニュースや天気予報、プロスポーツの試合結果などをスマートフォンや壺型スピーカーに尋ねるだけで知ることができるようになりそうです。

Google I/Oのその他の記事はこちらにまとめました
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: AI, applenews, assistant, french, gear, german, google, googleassistant, googleio2017, internet, japanese, languages
0シェア
FacebookTwitter