速報:Surface Laptop は国内7月20日発売、12万6800円から。新OS『Windows 10 S』 搭載

普通のノート型

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2017年05月26日, 午前 10:45 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフトが Surface シリーズの新製品 Surface Laptop を国内向けに発表しました。発売は7月20日、価格は12万6800円から。6月15日より予約受付を開始します。

速報:噂のクラムシェル型、Surface Laptop発表。4色のカラバリと人工皮革張りキーボードを採用






今月始めに米国で発表された Surface Laptop は、Surfaceシリーズ初のクラムシェル型。従来のSurfaceのようにタブレット型本体と着脱キーボードの2in1ではなく、いわゆる普通のノート型の製品です。

マイクロソフトのうたい文句は「もっともバランスの取れたノートPC」。MacBook Pro よりも Air よりも薄く軽く、MacBook Air より50%速いとアピールします。

ディスプレイは 13.5インチ2256x1504ピクセル3:2液晶、Surface Penにも対応。バッテリー駆動時間は動画の連続再生で14.5時間。Core i5 / i7 、最大16GB RAM、128GB~512GBストレージなど。

パームレスト部には高級素材のアルカンターラを使用、本体カラーはプラチナ、コバルトブルー、バーガンディ、グラファイトゴールドをラインナップ。

OSには、Surface Laptop と同時に発表された新エディション、Windows 10 S を搭載します。

価格は128GBモデルで12万6800円、256GBモデルで14万6800円。なお、Surface Laptopは一般販売のみであり、量販店とオンラインのMicrosoft Storeで6月15日より予約受付。発売日は7月20日ですが、256GBモデルは7月20日に用意される本体カラーはプラチナのみで、他の3色はまた後日、発売日を発表するとのこと。


速報:教育機関用Windows 10 Sをマイクロソフトが発表。搭載PCは189ドルから、価格でもChrome OS対抗

速報:Surface Proは6月15日発売、10万5800円から。歴代最薄で13.5時間駆動、ペンも大幅強化

(更新中)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, personal computing, personalcomputing, surface, surface laptop, windows 10 s
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents