ソフトバンク、 新卒採用にAI導入「エントリーシートの確認時間を7割削減」

最終的な判断はヒト

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年05月29日, 午後 02:00 in softbank
0シェア
FacebookTwitter

AI(人工知能)を使った新卒採用をソフトバンクが開始します。エントリーシートの確認作業をAIに任せることで、人事担当者は応募者との対面コミュニケーションに専念できるといいます。

選考の流れは次のとおりです。まず、過去のデータを学習したIBM Watson(以降AI)に、応募者のエントリーシートを読み込ませます。すると、AIはエントリーシートの内容を自動認識し、項目ごとに合否を判定します。判定結果が合格基準を満たした場合は選考通過。満たさない場合は、人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行うとしています。

メリットとしては、人事担当者がエントリーシートの確認作業に充てる時間を75%ほど軽減できるとのこと。さらに、AIを合否判断に活用することで「統一された評価軸でのより公平な選考を目指せる」とも説明します。AIの導入で余剰になった人事担当者の時間は、応募者との対面コミュニケーションに充てるとしています。

AI採用の導入は本日(5月29日)より開始。対象となるのは総合職(総合コース・営業コース)のエントリーシートです。また、「新卒採用」枠に応募可能な入社時30歳未満の既卒者・他企業での就業経験者のエントリーシートも対象としています。



 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ai, ibm, ibm watson, ibmwatson, softbank, watson
0シェア
FacebookTwitter