UQ mobileが2017年夏スマホ発表、高耐久で低価格な「DIGNO V」など2機種

価格が楽しみ

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年06月1日, 午前 11:00 in mvno
0シェア
FacebookTwitter

格安スマホのUQ mobileや、WiMAX 2+サービスを提供するUQコミュニケーションズは、2017年夏の新製品・新サービス発表会を開催。Androidスマートフォンの新モデルとして、シャープ製の「AQUOS L2」と、京セラ製の「DIGNO V」を発表しました。

AQUOS L2(6月2日発売予定)

AQUOS L2は、省エネルギーな5.0インチのIGZO液晶を搭載したスマートフォン。2700mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池持ちの良さをアピールします。



主な仕様は、Snapdragon 430、2GBのRAM、16GBのストレージ容量など。IPX 5 /8相当の防水防塵にも対応。濡れても動作するタッチパネルで、お風呂でも快適に操作できる点も売りにします。その他、おサイフケータイに対応。ワンセグやフルセグ、赤外線通信には非対応です。

6月2日発売予定。本体価格は2万8900円(税別、以下同)です。端末購入アシストを利用する場合の一括価格は100円。

DIGNO V(7月中旬発売予定)

DIGNO Vは、5.0インチ液晶を搭載したスマートフォンです。特徴は使いやすさを追求した点。例えば、電源ボタンを端末のフロント面に配置。これにより、端末を持ちかえることなく、片手での画面点灯・消灯が可能で、端末を落とす危険性を減らせるとしています。



骨伝導技術により、騒がしい場所でも音声がクリアに聞こえる「スマートソニックレシーバー」を搭載。不在着信や留守番電話、発着信履歴なども画面で見やすく表示するとしています。



京セラ製ということもあり、高耐久性能も追求。IPX5 / IPX8、IP5X相当の防水防塵性能を搭載。また、米国国防総省の軍事調達規格「MIL-STD-810G」の6項目に準拠し、耐衝撃・耐振動・温度耐久についても高い耐久性を発揮します。

おサイフケータイと赤外線通信に対応。ワンセグ・フルセグには非対応です。

7月中旬に発売予定、価格は未定ですが「低価格帯になる」(UQ担当者)とのことでした。

なぜ夏モデルは2機種のみ?

夏モデルは2機種のみ。しかも低価格帯に絞られます。これについてUQの野坂社長は次のように語ります。

「(冬に発表したモデルも含めて)今大体10機種を揃えている。iPhoneも結構売れているが、日系のシャープさん、京セラさんの端末、それからファーウェイさんの最近出た端末も売れている。UQはキャリアではないので、新商品発表会でたくさんの端末を紹介するわけにはいかないが、我々の身の丈にあったものでやっていきたい」(野坂社長)

また「他のメーカーさんの上位モデルをラインナップに加えることも検討している」(担当者)と述べ、今後、高価格帯の端末をラインナップに追加する可能性も示しました。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: aquos, aquosl2, dignov, mvno, phone, sharp, smartphone, uq, uqmobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents