JALの国内線Wi-Fiが「ずっと無料」に。8月末までの期限を撤廃

飛行機の「弱点」が一つ解消

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年06月20日, 午後 07:05 in airplane
0シェア
FacebookTwitter

JALは、国内線の機内Wi-Fiを「この先もずっと」無料化すると発表しました。

これは、当初2017年8月31日までの期間限定としていたWi-Fi無料キャンペーンの期限を撤廃したもの。9月1日以降も、離陸の5分後から着陸の5分前まで、時間制限なく無料で利用できるようになります。

対応デバイスはPC・スマートフォン・タブレット。利用方法は次の通り。Wi-Fiをオンにした状態で、ネットワークから「gogoinflight」を選択。ブラウザを開き、「接続」を選択すると完了します。


対象となるのは、国内線機内Wi-Fiサービス対応の「777-300型機」「777-200型機」「767-300型機」「737-800型機」で運行するすべての便。国際線機材運行時は対象外です

機内Wi-Fiを使えば、飛行中に見えた富士山の写真をSNSにアップしたり、ビジネス文書を送受信することなども可能。インターネットが使えないという飛行機の「弱点」が解消されることになります。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: airlines, airplane, flight, jal, wifi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents