「iPhone 6s」が月3199円〜、しかも通話・データ込み。FREETELが台数限定で発売

MVNOといえばかつてはiPhone 5s、最近はSEという印象でしたが

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年06月22日, 午後 12:00 in mvno
0シェア
FacebookTwitter

格安スマホ(MVNO)のFREETELが、iPhone 6sの取り扱いを開始しました。スマホ本体・データ通信・10分電話かけ放題がセットの「スマートコミコミ+」で選択可能。本日6月22日より、直販サイトのFREETEL eSHOPで「台数限定」で購入できます。

関連:
選択できるiPhone 6sは、64GBのゴールドモデル。アップル認定整備済製品で、新品と同様に1年保証が付属します。

価格は、本体・通話・データ通信料込みで月々3199円(税別、以下同)。新規だけでなく、FREETEL SIMの音声通話プランのユーザーが、「スマートコミコミ+」へ変更する場合にも選べます。また、今iPhone 6sを契約すると5000円をキャッシュバックするキャンペーンも実施します。



また、契約月の翌月から1年間は「データ増量キャンペーン」が適用されます。なお、上記料金表は月額料金から1500円を割引く「スマコミ+割」適用時のもの。2年目以降はさらに1500円が加算されます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: freetel, iphone, iphone6s, mvno, phone, smartphone
0シェア
FacebookTwitter