乾電池40本で鈴鹿サーキットを駆る。オリジナルEVレース「Ene-1 GP SUZUKA」8月6日開催

鈴鹿でガソリン燃料以外のレースは唯一なんだとか

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年07月14日, 午後 12:00 in eco
0シェア
FacebookTwitter


乾電池「エネループ」40本のみを動力源に、手作りカーは鈴鹿サーキットをどこまで走れるか。エネルギーカーレース「Ene-1 GP SUZUKA」が8月6日に開催されます。鈴鹿開催は今回で7回目。

鈴鹿サーキットのフルコースは1周5.807km。S字カーブにデグナーカーブ、ヘアピン、シケインといった18個のコーナーがあり、その高低差は40mに及びます。この国際レースコースを手作りカーで走破するのが、Ene-1 GP SUZUKAというイベント。



充電式乾電池エネループ40本を動力源とし、大会中の追加充電はなし。タイムアタックレースと60分耐久走行で競います。競技車両は参加者のオリジナル設計によるもので、今大会は過去最多の128チームがエントリーしています。

なお、イベントでは充電体験イベントとして、手回し充電やのこぎり充電など、人力で充電する企画や、手作り乾電池教室などを実施予定(要申込み)。


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: eco, ElectricVehicle, eneloop, ev, panasonic, suzuka
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents