伝統の和太鼓が電子楽器に。ローランドと鼓童、電子担ぎ太鼓を開発し8月19日披露

担ぎ太鼓人口が増えるかも

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年08月4日, 午後 05:30 in drum
0シェア
FacebookTwitter


太鼓チーム「鼓童」とローランドは、電子担ぎ太鼓の試作機を開発しました。ローランドでは世界初と案内しています。

電子担ぎ太鼓は、いわゆる伝統的な和太鼓(担ぎ太鼓)のデザインに、ローランドの電子ドラムの技術を盛り込んだもの。打面を叩いた振動をセンサーが拾い、ローランドのドラム/パーカション音源に送りさまざまな音色を出します。



センサーは打面中央部、端部、そして外周にあたるフチの合計3箇所に仕込まれ、担ぎ太鼓の奏法を踏襲します。打面はメッシュ素材で消音効果があるため、練習時も音の心配はない模様。

なお、この電子担ぎ太鼓は8月19日に佐渡で開催されるイベント「アース・セレブレーション2017」で演奏披露される予定。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: drum, DrumMachine, kodo, roland
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents