「乗換はこの駅でいいの!?」の不安解消、Googleマップの乗換通知機能を活用しよう:Google Tips

乗換時刻や次の路線を通知で知らせてくれる便利な機能です

KUMIKO KAMBE
KUMIKO KAMBE
2017年08月16日, 午前 11:00 in Google Tips
0シェア
FacebookTwitter

電車で慣れない場所に出かける際、手放せないのが各種の乗り換え案内機能。昨今では、Googleマップでこの機能を使っている、という方も多いかと思います。
しかしルートを事前に調べていても、いざ電車に乗っていると「乗換駅を間違えていないだろうか......?」と不安になってしまうことはないでしょうか。とくに乗り慣れていない路線であればなおさらでしょう。

そうした際に心強いのが、Googleマップアプリに搭載された通知機能です。電車での乗換ルートを調べたあと通知をオンにすることで、乗換駅に到着するタイミングを教えてくれます。これなら、はじめて訪れる場所でも乗換駅を間違えず、また不安も軽減されます。

電車でのルートを検索する

まずは、Googleマップで目的地までの乗り換えルートを検索しましょう。アプリを開いたら、画面右下にある「経路」をタップ。出発駅と到着駅を入力し、電車のアイコンをタップします。


▲Googleマップを開き、「経路」をタップしたら出発地と到着地を入力。次に、電車のアイコンをタップする

ここでは、出発時間を現時刻の少しあとに設定します。「出発時刻」をタップして、時間を設定してください。

出発時刻を設定したら乗換ルートの候補が表示されるので、選択しましょう。乗換ルートの詳細が表示されます。


▲「出発時刻」をタップし、出発時間を選択(左)。乗換ルートを選ぶと、詳細が表示される(右)


通知をオンにしよう

乗換ルートの詳細を表示したら、通知の設定をオンにします。画面を下にスクロールし、「Googleマップの通知を追加」をタップしたら、「乗換時間になったときに通知を受け取ります」のスイッチをオンにしましょう。


▲乗換ルートの詳細画面を下にスクロールし、「乗換時間になったときに通知を受け取ります」のスイッチをタップしてオンにする

乗換時間が近づくと、通知が表示されます。ここから到着時間や、そのあとの乗換先を確認可能です。また目的地への到着時刻が近づくと、「◯◯駅に何時に到着です」といった通知も受け取れます。


▲乗換時間が近づくと、通知が表示される

乗換駅で降りそびれるのは、何も居眠りをしているときだけとは限りません。スマホでの作業に熱中していたり、乗換駅を間違えて記憶していたりと、原因はさまざまです。
今回紹介したGoogleマップの通知機能を使えば、そんなうっかりミスも格段に減らせるはず。ぜひ使ってみてください。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, Google Tips, ios, iphone, tips
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents