中華の回転テーブルがスマホ連携、日本電産がSMART CHINA TABLE をホントに作る

実物が見たい!

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年08月18日, 午後 02:30 in china
0シェア
FacebookTwitter


ホントに? 思いましたが、スマートフォンと連携しモーターで回転する中華テーブル(回転テーブル)「SMART CHINA TABLE」を開発した会社が現れました。まさかの日本電産です。

日本電産といえば、京都に拠点をおく精密小型モーターの開発製造会社。精密小型モーターの分野で世界トップの企業です。Engadgetに近いところで言うと、フロッピーディスクやハードディスク、デジカメなどのモータードライブを作っているところ。誤解を恐れずにいえば、わりとかたい会社というイメージで合っていますw



SMART CHINA TABLEは、中華料理屋さんでよく見かける回転式のテーブルにモーターを仕込み、スマートフォンのアプリを使って操作します。中華の回転式テーブルは、大勢で食事するのが楽しいものですが、「気を遣い目、遠慮しがち科、人見知り属」の人にとっては食事を楽しみにくいアイテムかもしれません。



SMART CHINA TABLEでは、回転操作をスマホでできるだけでなく、音声で料理を自分の席の前に回したりも可能。ラスト1個になったものを他人に勧める機能や、スープ料理をゆっくり回すといった機能、支払い者を決めるルーレット機能なんていうものもあります。



なお、今回のプロジェクトは日本電産の認知度向上を目的としたプロジェクト「Motorize」の一環。2016年末からテレビCMを行うなど、認知度向上に向けて取り組んでいるそうです。

ちなみに製品化については未定。サイズが大きく披露する場所もないそうですが、実際に動作するものを開発しているとのこと。どこかで体験してみたいですよね。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: china, china table, Nidec, 日本電産
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents