混雑している場所のチェックが新たなインドア娯楽に:辛酸なめ子の混雑マップ話

意外なところに意外な混雑が発生したりと、実は眺めていて楽しいアプリです

辛酸なめ子
辛酸なめ子
2017年08月22日, 午後 06:30 in columns
0シェア
FacebookTwitter

外出前にぜひチェックしたいアプリ「混雑マップ」。スマホの位置情報データを解析した流動人口データを基に、世界中の混雑具合がわかるというアプリです。

このアプリを入れて周りの人に見せていたら、「このアプリは何のためにあるの? テロリストが人が多い場所を狙う時に使いそう」という物騒な意見もありましたが......。
▲混んでいた休日の池袋はやはり赤くなっていました。人ごみにまみれてエネルギーをわけてもらいたい時はあえて混雑の中へ......。


それでも写真のように、実際混んでいる場所でアプリを立ち上げると、やっぱり赤くなっていて信憑性がアップ。ただ、近所の人が集まっている夏祭りは、実際は混んでいるのにマップには反映されていなくて、スマホを持っていない手ぶらの人が多かったのかもしれません。

たまに夜遅く、駅から離れた一角が赤くなっていたりするのが不思議です。強力な電波を発している人がいるのでしょうか。それとも秘密の集会が行われているのか......。

家から出ずに、混雑している場所をチェックして想像するのが新たなインドアな娯楽となりつつあります。


関連記事(「混雑マップ」アプリ紹介):
混んでたら行かない、が判断できる無料アプリ「混雑マップ」提供開始。まずはAndroid、iPhone向けも配信予定



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blackberry, columns, gadgetry, map, maps
0シェア
FacebookTwitter