スマホで我が家が快適に、mouseスマートホーム発売。全部入り初期セット2.5万円。2018年にもAPI公開(更新)

EQLのスマートホーム製品は、日本ではマウス専売になるようです

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年08月22日, 午後 02:05 in MouseComputer
0シェア
FacebookTwitter


マウスコンピューターがスマートホーム市場に参戦します。マウスは、自宅やオフィスのデバイスを屋内外からコントロールできる「mouseスマートホーム」をスタート。8月24日より、mouseスマートホームがまるごと楽しめるスターターキットを2万4800円で発売します。

【更新】デモ動画ができたので置きます↓


mouseスマートホームは、宅内のIoT機器や赤外線リモコン対応のテレビやエアコンといった家電をスマートフォンなどでコントロールできる製品群。WiFiやBluetooth、赤外線通信などに対応したスマートハブに、対応製品をリンクすることでスマートフォンでいろいろコントロールできるようになります。





スターターキットには、中核となるスマートハブのほか、頭に「スマート」が付いた電源プラグやLEDライト(電球型)が含まれ、センサー機器としてモーションセンサーやドアセンサーなど、5種の機器がワンパッケージになっています。



なお、これらの製品は台湾EQLの製品をローカライズしたもので、マウスが日本語ソフトウェア開発や国内の法規に則した形に整えています。EQLは、台湾のPC製造メーカーとして知られるQuantaの子会社です。



マウスでは、新たな事業領域の製品をネットや量販店など、既存の販売チャネルで売っていきます。さまざまな用途を内包するスマートホームは、量販店などでも売り場が定まっていない傾向にあるため、製品展開や販売方法含め検討していく方針です。



ちなみに、スターターキット以外の近日発売予定の製品は、PM2.5センサー、空気清浄機など。このほか今後の製品拡充プランではフィリップスのhueや、Netatmoとの連携も予定。当面パートナー企業との連携になりますが、2018年第3四半期にはAPIのオープン化も予定しているそうです。APIの公開はともすればセキュリティホールになる可能性もあるため、検討しながらになる模様。

このほか、台湾で行ったデモとして、Windowsの音声アシスタントに「コルタナさん」と日本語で呼びかけたり、Amazon Alexaとの連携デモなどが披露されました。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Bluetooth, IoT, mouse, MouseComputer, SmartHome, wifi
0シェア
FacebookTwitter