Siriより便利?ロック画面でも使える「Spotlight検索」で気になることを調べよう:iPhone Tips

「ちょい調べ」に便利

KUMIKO KAMBE
KUMIKO KAMBE
2017年08月23日, 午前 11:00 in Tips
0シェア
FacebookTwitter

iPhoneには意外と使われていない便利機能「Spotlight検索」があります。この機能を使えばウィジェット画面の検索ボックスにキーワードを入力すると、その日の天気や、為替レート、最寄りのスポット情報などを素早く入手できます。

Spotlight検索は、iPhoneをロックしている時にも使えるので、細かい調べ物をしたいときに、わざわざロックを解除する手間がかかりません。Siriとはまた違った場面で使える検索機能として試してみてはいかがでしょう。

今日の天気を聞いてみよう

Spotlight検索を使うには、まずホーム画面を左から右にスワイプし、ウィジェット画面を表示しましょう。ここでは検索ボックスに"天気"と入力し、周辺地の天気や気温、湿度などを調べました。


▲ウィジェット画面を表示し、検索ボックスにキーワードを入力する(左)。ここでは、"天気"と入力した。現在地周辺の気象情報が表示された(右)

Spotlight検索では、計算問題や為替レートなども調べられます。Siriに質問するときと同じ感覚でキーワードを入力してみましょう。


▲検索ボックスに"1ドル"と入力し、為替レートを検索した(左)。計算式を入力すると、その答を表示できる(右)


周辺情報を調べよう

現在地周辺の施設情報を検索することも可能。たとえば、検索ボックスに"レストラン"と入力すると、近くにある飲食店や現在地からのだいたいの距離を表示できます。気になる店舗があったら、矢印のアイコンをタップしましょう。アプリが起動し、店舗までの経路を確認できます。


▲検索ボックスに"レストラン"と入力すると、現在地周辺のレストラン情報が表示される。気になる店があったら、矢印のアイコンをタップ(左)。アプリが起動し、目的地までの経路が表示される(右)


友達に電話をかけてみよう

友達に電話をかけるとき、「連絡先」を開いて相手の名前を探すのが面倒なことがあります。そんなときは、Spotlight検索で友達の名前を検索しましょう。ウィジェット画面に友達の名前が表示され、わざわざ「連絡先」や「電話」アプリを開かなくても発信できます。


▲検索ボックスに「連絡先」に登録している友達の名前を入力。相手の名前が表示さらたら、電話のアイコンをタップする(左)。発信できた(右)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iphone, spotlight, tips
0シェア
FacebookTwitter