ハーマンインターナショナルが、JBLブランドとして初の完全ワイヤレスイヤホン「Free」を発表しました。Bluetooth 4.1に対応し、最長4時間の連続使用が可能。充電機能付きの専用ケースを使えばコンセント電源がなくても合計24時間、音楽を再生できます。

5.8mmのダイナミック型ドライバはJBLのシグネチャーサウンドを基本に調整され、使用者が期待する優れた音質を再現するとうたいます。2つのユニットは片方を取り出せばモノラルモードでスマートフォン等と接続するため、たとえば電話をかける場合などは片耳タイプのBluetoothヘッドセットとしても機能します。もう片方を取り出せば、Bluetotoh接続もステレオモードへと移行します。

汗や水に強い素材を用いた防沫仕様であるため、ジムなどでトレーニングをする際にも汗を気にすることなく使うことができるのも、重要なポイント。実際、激しく動くワークアウトなどでこそケーブルを気にする必要がない完全ワイヤレスの有りがたみを感じることができるはずです。

本体には3サイズのイヤーピースと、2サイズのフィット用シリコンスリーブが同梱され、ユーザーに合わせて選択可能です。カラーはブラックおよびホワイトの2色をラインナップします。

欧州では10月の発売予定で、価格は149ユーロ(約1万9500円)。米国では11月発売予定で149.95ドルです