ユピテルのドライブレコーダーに発火の恐れ。回収・無償交換を実施

9万台が販売済み。ご確認を。

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年09月4日, 午後 02:30 in Cameras
0シェア
FacebookTwitter

ユピテルは9月4日、同社製ドライブレコーダー「DRY-FH200」に発煙・発火の可能性があるとして、回収および製品交換を実施すると発表しました。

DRY-FH200は、2012年10月〜2013年8月に販売。フルHD(1920 x 1080)で録画でき、140°の広視野角を売りにしていました。オンラインショップにおける価格は1万円半ば程度。

マスコミ報道によると、兵庫県や神奈川県で発生した自動車火事2件がこの機種だったとされます。この2件以外に大阪府での事例を含めた合計4件の火事が報告されています。当該機種をご使用の場合は今すぐ取り外し、車外の安全な場所に保管することをおすすめします。

ユピテルによると、発煙・発火はリチウムイオン電池に起因しているとのこと。詳細な原因は「調査中」としているものの、事故防止に万全を期すとして、製品の回収、および上位モデル「DRY-ST1000c」への交換を実施するとしています。

リチウムイオンバッテリーの発火を巡っては、サムスンのGalaxy Note 7やUPQ Phone A01Xなどが記憶に新しいところ。ひと度発火すると人命を奪う可能性もあり、メーカーには着実な安全対策が求められます。

ユーザー側としては、リチウム電池内蔵型でなく、シガー電源タイプのドライブレコーダーを選択するのも対策として有効です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: camera, Cameras, car, drive, DriveRecorder, transportation, yupitel
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents