「究極のTKG」製造マシン、タカラトミーアーツが10月発売。3500円

洗う手間とおいしさ、どっち取る?

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年09月5日, 午後 05:00 in food
0シェア
FacebookTwitter


手軽に炭水化物とタンパク質を摂取できるTKG(卵かけご飯)。これを作る専用マシンをタカラトミーアーツが発表しました。10月発売予定、価格は税別3500円。

「究極のTKG」は、ワンタッチでTKGが作れるとうたう調理マシンです。

ご飯の上に生卵をかけるだけという手軽さが売りのTKG。これを機械で作るのは本末転倒な気もしますが、そこはさすがの専用機。ボタン操作で卵を割るだけでなく、白身を黄身から分離させ、白身だけを高速撹拌する機能を備えます。

この高速撹拌により、白身がホイップクリームのようにふわふわした食感に。ご飯にかけて"究極のTKG"が楽しめるといいます。





本体サイズは112 x 132 x 132mm。電源は単2型アルカリ乾電池2本です。

なお「ワンタッチでTKGを作れる」と聞くと便利そうですが、単身世帯で1食のTKGのために使うとなると、その後の洗浄も含めて「逆に面倒」とも思える同デバイス。どちらかというと、一度にたくさんのTKGを作るファミリー向きの製品と言えそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: food, hoby, tkg
0シェア
FacebookTwitter