折り畳みディスプレイのGalaxy Noteを2018年発売、サムスンモバイル社長が明言

毎年のように「来年発売」を繰り返している気もするけど、今度こそ。

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年09月12日, 午後 06:35 in mobile
0シェア
FacebookTwitter

韓国で行われているGalaxy Note8のメディア向けイベントの中で、Samsungのモバイル事業責任者 コ・ドンジン氏が、以前から噂されている折り畳めるディスプレイを搭載したスマートフォンを2018年にリリース予定だと発表しました。

コ・ドンジン氏によると、このスマートフォンはGalaxy Noteブランドで発売するとのこと。ただ、「解決すべきいくつかのハードルがあり、リリースを遅らせる可能性もある」としています。

Samsungの折り畳み式ディスプレイは、以前から噂されており、2013年のCESでは、コンセプト動画を公開。



また、折り畳みディスプレイを搭載するスマートフォン(コードネームProject Valley)が2017年のMWCで発表されるとの噂もありましたが、残念ながら未発表となっています。

「画面を化粧コンパクトのように閉じられるスマホ」、2017年に発表か。サムスン、早ければ2月頃のMWCで

このときは、折り畳むと5インチ、開くと8インチのタブレットになると言われていましたが、Samsungは2016年末に折り畳み式ディスプレイを搭載するスマートフォンの特許を出願。資料中の画像では細長いスマートフォンを折り畳む、2つ折りのガラケーのようなスタイルとなっていました。

この奇妙な形状のスマートフォンが、未来のスタンダードになる? サムスンが特許出願



▲Samsungが出願した折り畳みディスプレイを搭載する「フレキシブル電子機器」

Galaxy Noteブランドで出す以上、専用スタイラスのS-Penに対応するはずなので、2013年のCESで公開されたコンセプト動画のような端末を期待したところです。

LGやLenovoも曲げられるディスプレイや搭載端末の開発を行っており、ベゼルレスな大画面ディスプレイの次は折り畳みディスプレイの時代になるのかもしれません。

レノボ、折り畳めるタブレットとブレスレットに変形するスマホ『CPlus』をデモ。曲がるディスプレイ採用のコンセプト品

くるくる巻けるフレキシブル有機ELディスプレイをLGがCES 2016で公開。表裏で別映像を表示する両面ディスプレイも


このほか、コ・ドンジン氏はHarmonと共同で、音声で操作できるAI搭載スピーカーにも取り組んでいると述べています。このAIがSamsungの音声AIアシスタント Bixbyなのかは触れられていませんが、7月にはBixbyを搭載するスマートスピーカーの噂が出ていました。

サムスン、Bixby搭載のAIスマートスピーカー「Vega(仮)」開発中。アマゾン、Google、アップルらを追走

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bendable, bendable display, Bixby, foldable, GalaxyNote, mobile, Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents