アップルは日本時間9月20日未明、iPhone・iPad向けOSの最新バージョン「iOS 11」および、Apple Watch向けOSの最新バージョン「watchOS 4」の配信を開始しました。



iOS 11の特徴は、iPad向けに強化されたマルチタスク機能です。外観はmacOS Sierraに近づき、macOS風のDockも採用。ドラッグ&ドロップでのアプリ間連携やファイル管理アプリも搭載し、より生産的な作業をこなせるようになりました。



iPhone向けには、コントロールセンターのレイアウトが大きく変更されました。ユーザーによるカスタマイズが可能になり、3D Touchが使える機種ではプレス操作によってツールが拡大するなど、より素早く操作ができる工夫が施されています。



その他、標準カメラアプリでQRコードの読み取りが可能に。日本語キーボードも強化され、地球アイコンの長押しで片手キーボードを選択できるようになりました。さらに、特別なハードウェアを使わずに高精度なARを実現する「AR Kit」にも対応します。

また、新しく購入したiPhoneまたはiPadを、これまで使っていたiOSデバイスに近づけるだけで、自動的に設定やコンテンツを簡単に引き継げるようになりました。

Siriも強化。Siriだけで航空券のチケットを予約し、フライトスケジュールをカレンダーに追加できるようにもなりました。

iOS 11はiPhone 5s以降 /iPad(第5世代)、iPad mini 2以降、iPad AirとiPad Proの各モデル /iPod touch(第6世代)で利用可能。詳細はこちらの記事もご覧ください

Apple Watch向けのwatchOS 4もリリースされました。特徴は強化された心拍計サポートとワークアウト機能を強化するGymKitの搭載、Siriサポートの機能追加、音楽再生機能の追加など。



なおmacOS High Sierraは9月26日に配信開始予定です。