速報:楽天がFREETELのMVNO事業買収を正式発表。モバイル端末事業はプラスワン・マーケティングで継続

端末のフリーテルは継続します

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2017年09月26日, 午後 03:10 in freetel
0シェア
FacebookTwitter


楽天がFREETEL のMNVO事業買収を正式に発表しました。

プラスワン・マーケティングが運営する FREETEL は格安スマホの先駆けとして、MVNOのFREETEL SIM および自社製モバイル端末事業を展開してきました。

今回の取引では、プラスワン・マーケティングのフリーテル事業のうち MVNO事業を分割し、11月1日付けで楽天が承継する予定。楽天が支払う金額は5億2000万円。および、資産合計約18億円、負債合計約30億円も承継し、債務を履行することになります。

楽天は自社で展開してきた『楽天モバイル』は約78万回線で業界3位、フリーテルSIMは約43万回線で5位。買収後はあわせて約121万回線となり、業界2位のIIJを超えトップのNTTコミュニケーションズに迫る MVNOとなります。写真は2014年の楽天モバイル設立時。

(訂正:契約者ベースのMVNOシェアについて、より正確な数字に改めました。MM総研調べ3月末時点の推定では、回線数で業界2位になる計算です。)
フリーテルといえば格安スマホの先駆けとして、SIMだけでなく自社独自の端末にも力を入れてきました。このモバイル端末事業についてはプラスワン・マーケティングで継続。

フリーテルは「本取引によって当社はモバイル端末事業への投資に、より注力することが可能になるため、さらにコストパフォーマンスに優れたモバイル端末を開発し、国内外へ提供できるようになります」としています。

フリーテルは自社端末を海外でも展開していますが、こちらの事業にも変更はありません。

日本のSIMフリースマホが中東進出へ。FREETEL、エジプトでKIWAMI 2など7機種発売(2017年2月)

FREETEL SIM の利用者にとっては、契約先が11月1日以降楽天になるものの、特に切り替えの手続き等は不要。契約内容もそのまま継続します。

両社は今回の取引のほか、今後も「事業シナジーを検討するべく」、協業に向けた取り組みを進めてゆくとしています。

楽天がMVNO「楽天モバイル」提供開始。音声通話とLTE通信、月額1250円からの格安スマホ (2014年)


更新:週刊モバイル通信 (モバイル業界ジャーナリスト石野純也氏)
楽天がFREETEL SIMを買収した理由。ショップやFREETEL 独自スマホはどうなる?



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: freetel, mvno, rakuten
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents