10月17日に発表が噂されるZTEのデュアルスクリーン式スマートフォン「Axon M」とされる写真が出回っています。この製品は数週間前に複数のニュースサイトでAxon Multyというコードネームが伝えられていました。

このスマートフォンには1920x1080解像度の画面が2つ搭載されており、厚さは10mm未満なると言われています。仕様としてはSnapdragon 820を搭載し4GB RAM、32GBストレージ、20MPカメラ、3120mAhバッテリーを備えるとのこと。さらに価格は650ドルと言われています。

Android関連ニュースサイトAndroid Authorityは、この2枚のディスプレイはマルチタスクによって別々のアプリを実行可能だとしています。またVentureBeatによると、Axon Multy/Mとされるこの写真は、サムスンが今年リリースしようとしつつもまだ実現していないProject Valleyによく似ているとのこと。

さらに折たたみ部分を完全に展開すれば1980x2160解像度のひとつのタッチスクリーンとして機能し、Galaxy Note 8よりもやや大きい6.8インチサイズになるとのことです。

折りたたみ式2画面、というだけで単純に興味が湧くこのスマートフォンですが、日常的にバッグやポケットから出し入れして使うことを考えると、そのヒンジ部分の耐久性が気になるところです。また閉じた状態では表と裏にスクリーンを配置する格好になるとされ、その使い勝手にも注目したいモデルです。

ZTEは10月17日に新製品発表イベントを予定しています。
[Image : Android Authority]