Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。わっきのぐるぐるVR学園、今回は360°動画の空間音声についてご紹介します。THETA Vの動画レビューはこちら。
RICOH THETA Vは360°4K動画が記録できるだけでなく、本体に4chのマイクを内蔵しており空間音声記録が可能です。そしてこの音声データをYouTubeに対応した形式に変換するパソコン用ツール「RICOH THETA Movie Converter」が公開されたので試してみました。



しかし、このツールを使って変換した動画データをAdobe Premiere Pro CCで編集したのですが、色々試行錯誤しても空間音声が上手く書き出せませんでした......。それでもTHETA Sのモノラル音声と比べると臨場感が全く違いますので、動画をヘッドフォンでご確認ください。スマートフォンではYouTubeアプリでご利用ください。再生リスト



【その1オープニング】



【その2 THETA S】



【その3 THETA V】


音質自体が良くなっているのはお分かり頂けたと思いますが、元素材と比べると音の移動感がちょっと違う感じなのです...。

なお、以下は未編集の撮って出し映像です。電車だけでなく自転車の移動感も良く収録できています。

【未編集 3Dマイクロフォン(鉄橋直下)



内蔵マイクだと前後左右の水平方向360°のみですが、オプションの3Dマイクロフォン TA-1を装着すると上下方向の空間音声記録にも対応します。またマイクゲインをノーマルとローから選択できるので、大音量のコンサート会場などでも音割れすることなく収録できます。

音にこだわった360°撮影をするならTHETA Vがオススメですが、空間音声の扱いにはもう少し勉強が必要そうです...。最後に