iOS 11では、「Safari」で閲覧しているウェブページをPDFとして保存できます。読み込んだページには、線を引いたりテキストを書き込んだりすることも可能。メールに添付して友達と共有することもできます。

これまでウェブページ全体を保存するために何度もスクリーンショットを繰り返したり、画面全体をスクリーンショットするための専用アプリを使っていたりした人も、iOS 11なら標準搭載のアプリで文書を丸ごと保存することができます。

ウェブページで「PDFを作成」を選択しよう

ウェブページをPDF化するには、まず画面下部にある共有アイコンをタップしましょう。次に、「PDFを作成」をタップしてください。


▲「Safari」でウェブページを開き共有アイコンをタップ(左)。「PDFを作成」をタップする(右)


読み込んだページに書き込みをしてみよう

読み込んだウェブページには、目立させたい部分に線を引いたり、テキストを打ち込むことが可能です。画面右上にあるペンのアイコンをタップして、編集用のツールを表示しましょう。


▲ペンのアイコンをタップ(左)。編集ツールが画面下部に表示された(右)

ここでは、目立たせたい箇所にマーカーを引く方法を紹介します。編集ツールからマーカーのアイコンをタップしましょう。次に、画面の右側にある丸いアイコンをタップすると、マーカーの色を選択できます。


▲マーカーのアイコンをタップして選択。次に、丸いアイコンをタップする(左)。色をタップして選択する(右)

目立させたい部分を指でなぞると、マーカーを引くことができます。なお、テキストやフキダシを挿入したい場合は、画面右下にある「+」をタップし、「テキスト」を選択しましょう。


▲指でなぞるとマーカーを引くことができる(左)。テキストを書き込むには、「+」をタップして「テキスト」を選択する(右)

PDFの編集が済んだら、「完了」をタップし、「ファイルを保存」をタップ。保存する場所を選び、「追加」をタップしましょう。保存したPDFは、iOS 11に標準搭載されている「ファイル」などから確認できます。


▲「完了」をタップし、「ファイルを保存」をタップ。次の画面で保存場所を選択し、「追加」をタップする


▲ホーム画面で「ファイル」をタップ(左)。先ほど保存したPDFが表示された。タップすると、PDFを確認したり、共有アイコンをタップしてメールに添付したりできる(右)

なお、ウェブページをPDF化すると、ページ内のアイコンやタイトルが一部重なってしまう場合があります。PDFファイルができたら、重要な箇所にアイコンが重なっていないかチェックするのをおすすめします。