MS最上位マウス Surface Precision Mouse発表。Bluetoothで3台シームレス接続、大型ホイールに6ボタンの高機能マウス

国内未発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2017年10月20日, 午前 09:45 in mice
0シェア


Surface Book 2 にあわせて、米マイクロソフトはSurfaceブランドの新マウス Surface Precision Mouse も発表しています。

サーフェス プレシジョン マウスは、サイドに3つを含む6ボタンとホイール、親指を置けるサムレストを備えた据え置き用マウス。

販売中の無印 Surface Mouse や、伸ばして平らになる Surface Arc Mouse がシンプルさやモバイル性を優先した製品であるのに対して、Surface Precision Mouse は長時間のデスクトップ作業やマルチタスク、マルチデバイス利用に適した高機能マウス。

Surface Book 2 から加わった15インチ版や、デスクトップの Surface Studio との併用が考えられています。

Surface Precision Mouse の主な仕様は、左右クリックとサイドボタン、ホイールクリックを含む計6ボタン、スムーズとクリックを切り替えられる金属製大型ホイール、内蔵リチウムイオン電池で満充電最大3か月駆動。重さ135g。

USB有線またはBluetooth LE 4.0/4.1/4.2接続で、最大3台までのデバイスをシームレスに切り替えて使えるスマートスイッチに対応します。

Windows 7では有線モードのみ、カスタマイズソフトのフル機能が使えるのは Windows 10 および8.1のみ。macOSにも対応しますが、Bluetooth は 4.0以上が必要です。



価格は99ドル。Logitech の MX Master など、重量級高機能マウスの価格帯です。米国では11月9日に予約受付を開始。日本国内向けには未発表です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: mice, microsoft, mouse, surface, surface precision mouse
0シェア

Sponsored Contents