「The・電話」なストレート携帯Simply、ソフトバンクがプリペイド向けに11月下旬発売

QVGA解像度で最大6万5536色のTFT液晶など、いろいろ懐かしい仕様

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年10月20日, 午後 03:30 in softbank
0シェア
FacebookTwitter

ソフトバンクは、プリペイド契約のシンプルスタイル向けに、セイコーソリューションズ製の携帯電話「Simply」を11月下旬に発売します。

Simplyは、「The・電話」をコンセプトに、機能を電話やメールなどに絞ったシンプルフォン。ワイモバイル向けには8月10日より発売していたモデルです。

形状は折り畳みではなくストレートタイプで、2.4インチのQVGA(320 x 240)TFT液晶(最大6万5536色)を搭載。背面には200万画素のカメラを搭載し、別売りのmicroSDHC(最大32GB)に撮影した写真を保存することもできます。

ネットワーク面では、受信最大112.5Mbps、送信最大37.5Mbpsの4G LTEに対応(いずれも理論値)。Wi-FiやBluetoothには非対応で、テザリングも利用できません。

バッテリー容量は1770mAh。連続通話時間はVoLTEで600分、3G網で800分となっています。


本体サイズは50 x 132 x 13.8mm、重量は115g。カラーはレッド・ダークブルー・ホワイトの3色展開です。

また「Simply」の発売に合わせて、シンプルスタイルの4Gケータイ向け新料金プランとして「100MBプラン」の提供を開始するとしています。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cellphone, phone, simply, softbank
0シェア
FacebookTwitter