動画:ヤマハ、空気よむAI合奏技術デモ(千本桜)、下手でも気にせずアンサンブル

非常に伝わりにくいんじゃないかなと思いつつ、いろいろな可能性を感じるので

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年10月24日, 午前 11:00 in AI
0シェア
FacebookTwitter

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。ヤマハの研究施設にて、研究中の人工知能による合奏技術のデモを見せてもらいました。これは、演奏者の力量にあわせて、コンピューターがあわせて演奏するというものです。

音を瞬間的に判断し適切な伴奏を返すため、演奏者がうまかろうがヘタであろうが合奏を楽しめます。また、この技術を師匠として活用すれば、たとえば偉大な演奏家の手ほどきを受けながら楽器の練習もできます。

さらに、今日のバンド練習はベースがいない! そんな時にベーシストとして起用したり、当方Vo & Gそれ以外募集!といった強気の「メン募」をしないでも済むかもしれません。

音だけなのでなかなか伝わりにくいのですが、動画をどうぞ。



このほか、すでに亡くなっている演奏家をシミュレートし、現代の演奏家がコラボレーションするといったリサイタルなど、時空を飛び越えた音楽表現にも期待できそうです。

ヤマハでは、10月27日から日本科学未来館で開催するデジタルコンテンツEXPOにて、この人工知能合奏技術を用いた演奏会を開催。現在、観覧希望者をつのっています





 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: AI, yamaha
0シェア
FacebookTwitter