Apple Watch Series 3 セルラー版のLTE通信に対応したアプリ×11

結構見つけにくいです

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年10月25日, 午前 06:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter

eSIMを搭載し、LTE通信を利用可能になったApple Watch Series 3 セルラー版。iPhoneが近くになくても単体で通信できるので、ランニングや散歩など身軽に出かけられるのが魅力です。

しかし、Apple Watchに対応した全アプリでLTE通信を利用できるわけではなく、標準搭載の「電話」「メッセージ」「マップ」などを除けば、使えるアプリはまだごく一部に限られます。

どのアプリがLTE通信に対応しているのか、なかなかわかりづらいのですが、現在対応しているサードパーティー製アプリをいくつかリストアップしました(リンク先はApp Store、説明文は引用です)。
  • アメミル:アメミルは、リアルタイム降雨情報を、AR(拡張現実)とAI(人工知能)で表現するアプリケーションです。
  • Nike Run Club:Nike Running アプリが無敵のランニングパートナー、Nike Run Club アプリに生まれ変わりました。
  • カメリオ:好きなキーワードを登録して関連ニュースを集める、次世代型のニュースアプリです。
  • Shazam - 音楽認識:Shazamは町並み、ラジオ、テレビで流れている音楽を認識できるアプリです。
  • 乗換案内:鉄道・飛行機に加え、全国640社以上のバス(※1)も検索できる、無料の経路検索アプリです。
  • OneFootball:世界200か国以上で2,000万回以上ダウンロードされているOnefootballは、すべてのファンが持つべきサッカーアプリです。
  • Yahoo!防災速報:地震、雨雲レーダー、警報、避難勧告、Jアラートなど、現在地と設定3地域まとめて災害情報を通知する無料の防災アプリです。
  • エキサイト翻訳:日本語と外国語の翻訳を超スピーディーに実行できる、翻訳No.1サイト『エキサイト翻訳』公式アプリ。
  • なみある?アプリ サーフィン&波情報:日本最大の波情報サービス「なみある?」の公式アプリです。
  • タビーナ - TABEENA:世界中で使われている、写真でチェックイン旅とお出かけ記録サービスです。
  • Uber:Uberは、昼夜関わらず、スピーディーに、いつでも数分でご希望の場所にお迎えにあがります。
ほかにもあるかもしれませんが、正直なところ、まだまだ少ないなというのが個人的な印象。交通系やニュース系アプリが目立ちますが、今後、LINEやFacebook、TwitterなどSNS系サービスの対応を期待したいところです。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, Apple watch, apple watch 3, applewatch, applewatchseries3, ios, iphone, smartwatch
0シェア
FacebookTwitter