バッファロー、飾れるWiFiルーター「WTR-M2133HP」1月発売。非「艸」型の指向性アンテナ搭載、約3万円

見た目よさそうです

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年11月29日, 午前 10:00 in buffalo
0シェア


バッファローは、IEEE 802.11ac 2x2対応のトライバンドWiFiルーター「WTR-M2133HP」を2018年1月上旬に発売します。特別色のパールローズグレージュは2月上旬発売。価格はいずれも2万7700円(税抜)。

WTR-M2133HPは、5GHz帯のW52/W53とW56の2つ、そして2.4GHz帯に対応したWiFiルーター。WiFiルーターというと「艸」こんな形というか「ww」こんな形というか、とにかくアンテナがニョキニョキしたものをイメージするかもしれません。WTR-M2133HPはご覧の通りのデザインで、住環境への配慮を感じさせるものとなっています。



この形状ながら指向性アンテナを装備しており、前後90度、横方向270度に傾倒可能。環境に依存するので一概には言えないものの、従来モデルのWSR-1166DHP3よりも約1.5倍の通信速度とうたっています。

通信機器の判別機能や、他の2.4GHz帯利用機器の干渉ノイズを検知・回避する機能などを搭載。また、混雑した周波数帯を自動的に避けて通信するバンドステアリング機能も用意されています。ただしこの機能は、接続する周波数帯の優先度が固定されている機器などで、一部利用できないこともあります。



搭載するアドバンスドQoS機能は、通信の内容から優先すべき通信に順位つけて効率化を図る仕組み。あらたに4Kモードを搭載し、4K動画再生などで快適に視聴しやすい環境を構築します。

このほか、電波をしぼって集中させることで通信ロスを抑えるビームフォーミング機能に対応。IPv6もサポートしています。バッファローでは、専用中継機もラインナップするほか、接続状況がわかるスマホアプリなども提供する予定です。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: buffalo, wifi, wifi router
0シェア