ストームトルーパーが自宅を警備。人型ロボFirst Order Stormtrooper国内出荷、12月15日予約開始

コミコンで見られます

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年12月1日, 午後 03:00 in First Order Stormtrooper
0シェア


スター・ウォーズでお馴染みのストームトルーパーが家庭用ロボットになりました。深センのUBTECH Roboticsは、ストームトルーパーをモデルにしたヒューマノイドロボット「First Order Stormtrooper」を2018年1月中旬に国内販売します。

これに先駆けて12月15日より予約受付をスタートします。販売店舗はヨドバシカメラ、ビックカメラ、ツクモ、蔦屋家電、三越伊勢丹、AEON、Amazon、DMM.make ROBOTSなど。価格は3万9800円(税抜)。




ロボットとしての主な機能は、音声認識、顔認識(最大4人)、指定エリアの巡回、AR機能など。iOSおよびAndroidのアプリを使って操作します。

忠誠心あつい帝国の番犬にして愛すべき雑魚キャラ、ストームトルーパーはスター・ウォーズシリーズを通して知られる存在。米国では11月に発売開始となり、価格は300ドルでした。本日12月1日から幕張メッセで開催中の東京コミコンにて展示中です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: First Order Stormtrooper, robot, star wars, StarWars, Stormtrooper, ubtech, UbtechRobotics
0シェア