iPhoneでアプリが正常に動かなくなってしまった... そんな時に役立つのがアプリのキル(強制終了)です。

従来のiPhoneでは、ホームボタン2連打で現れるアプリスイッチャー画面から、終了したいアプリを上にスワイプすることで強制終了できました。一方のiPhone Xでは、上にスワイプしてもアプリは強制終了されず、ホームに戻ってしまいます。

ではどうするのかというと、iPhone Xでアプリスイッチャーを表示した状態で、強制終了したいアプリを長押しします。すると「-」マークが表示されるので、それをタップすることで強制終了できます。

従来のiPhoneに比べてワンアクション増えてしまっていますが、アプリが固まってしまった時などは、ぜひ試してみてください。