2004年の今日、携帯ゲーム機の初代PSPが発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2017年12月12日, 午前 05:30 in adobe
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・2004年12月12日、ソニーが携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」を発売
・2006年12月12日、ソニーがスライド式キーボード搭載のパーソナルコミュニケーター「mylo」の予約を開始
・2014年12月12日、auがVoLTEサービスを開始
・2014年12月12日、ASUSがChrome OSを搭載した小型デスクトップ「Chromebox」を発売
・2014年12月12日、加賀ハイテックが米Lytroのデジタルカメラ「Lytro ILLUM」を国内で発売12月12日は「バッテリーの日」。充電池のバッテリーのことですが、野球用語でピッチャー(守備番号1)とキャッチャー(守備番号2)を「バッテリー」と呼ぶことから、12の入る本日がバッテリーの日と定められました。日本蓄電池工業会(現:電池工業会)が制定。野球、関係ないですね。

過去のできごとで気になったのは、ソニーの「PSP」発売(2004年)。家庭用ゲーム機のPS2で成功したソニーの携帯型ゲーム機とあって大きく期待され、そしてその期待にこたえてくれた製品でした。ソフトの提供はUMDと呼ばれる専用の光ディスクを採用。WiFiに対応し、ウェブブラウザーの利用も可能でした。まともじゃない使い方としては、セキュリティホールをついて自作のソフトやコピーソフトを動かすハックなんかも盛んに行なわれていましたね。システムソフトウェアの更新で潰されると、さらに新しい方法でハックされるという、いたちごっこのようなことになっていました。

もうひとつ気になったのは、撮影後にフォーカスを変更できるライトフィールドカメラ「Lytro ILLUM」の発売(2014年)。2012年に初代となる小型カメラは登場していましたが、解像度が低かったこともあって大ヒットとはなりませんでした。そんなLytroが投入した大型モデルがこれ。写真を1枚画像としてではなく、マイクロレンズを使った光線記録として撮影し、このデータをレンダリングすることで任意のポイントにフォーカスを合わせた写真を作れるという仕組みです。最近のカメラやスマホでもフォーカスを変えられる機能が搭載されていますが、これの先駆けですね。残念ながらつい先日、専用の写真共有サイトが閉鎖されてしまい、一般市場から撤退してしまいました。


更にもうひとつ。auがついに「VoLTE」に対応(2014年)し、音声通話中もデータ通信が可能となりました。これはauが3Gで採用していたCDMA2000の制限によるもの。音声通話も4Gでできるようになり、ようやく同時利用が可能となりました。なお、VoLTEの開始と同時に対応端末として「isai VL LGV31」と「URBAN V01」が発売されています。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

3万6800円で筆圧2048段階。10.1インチのIPS液晶ペンタブレット発売。Photoshopなどで使用可能

10.1インチの低価格なIPS液晶ペンタブレットが上海問屋から登場したという話題です。液タブというとプロ向けの高価な商品という印象がありますが、3万円台で購入できるとあって興味を持つ人が多かったようです。しかも電源不要で、USBとHDMIさえつなげれば使えるというのはうれしいところ。ただし、IPS液晶とはいえ1280×800ドットと解像度は低いことと、Adobe RGB 75%という色域に納得できることが条件です。なお上海問屋では売り切れですが、記事中にある同等品のArtisul D10は今でも購入可能です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: adobe, AdobeRgb, asus, au, battery, chrome, chromebox, chromeos, games, google, kddi, lytro, Lytro ILLUM, mylo, PenTablet, psp, sce, sony, tablet, today, volte
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents