Twitterが、関連する複数のツイートをまとめて投稿できる、スレッド機能を公開しました。

Twitterの投稿文字数は、日本語、中国語、韓国以外では280文字に拡大されましたが、その中では納まらなかったり、あえて分けたほうが分かりやすい場合もあります。そのような場合、一部のユーザーは自身の投稿に返信する形で一連のツイートをまとめる工夫を行っていました。
この、俗に言う"連鎖ツイート"を公式にサポートするのがスレッド機能。以前、隠し機能として見つかっていたものが公式に実装された形です。

やっていることは先に書いたのと同じで、自身のツイートへの返信をするだけ。ただしツイートを順次投稿するのではなく、全てのツイートを書きためてからまとめて投稿できるようになります。スレッド機能を使ったツイートは、タイムライン上にまとめて表示されるため内容の理解もスムーズです。

スレッドの作成方法は、投稿画面に追加された「+」ボタンを押し、複数のツイートを作成。すべてのツイートを書き終えたら「すべてツイート」ボタンで投稿します。



スレッド機能は数週間のうちにiOS、Android、ウェブ版(twitter.com)で利用可能になるとのこと。記事執筆時点で試したところ、すでにウェブ上では利用可能になっています。