iOS 11.2.1リリース、HomeKit脆弱性に関連する不具合やauユーザー固有の問題を修正

tvOS 11.2.1も出ました

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年12月14日, 午前 09:30 in Security
0シェア
FacebookTwitter
アップルが、iOS 11.2.1をリリースしました。主な修正点は2つで、ひとつは「ホーム」アプリで許可済みのユーザーがリモートアクセスできなくなった不具合の修正、もうひとつはauユーザーがVisual Voicemailをアクティベーションできない問題が修正されました。
アップルは先週、許可のないユーザーに勝手に照明やドアロックの操作、ガレージのドアを開閉されるという、コンピューターだけでなく実生活面でセキュリティ上の問題を引き起こしかねないHomeKit関連の脆弱性に対処しました。

ただし、この対処はアップルのサーバー側に施したものであり、それによって無許可ユーザーからの遠隔操作は封じたものの、許可済みユーザーからのリモートアクセスまでできない状態となっていました。iOS 11.2.1では再び許可済みユーザーのアクセスが通るように修正がなされています。

なお、アップルはtvOS 11.2.1も同時にリリースしました。9to5Macによると、どうやらこちらも同じHomeKitに関わる問題を修正した模様です。

iOS 11.2.1の対象機種はiPhone 5s以降、iPad Air以降、第6世代iPod touchとなっています。アップデートの際は事前にバックアップをお忘れなく。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, AppleTv, gear, homekit, ios11.2.1, ipad, iphone, mobile, security, vulnerability
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents