Androidアプリ、2019年8月に64bit対応を義務化。2018年にはOreo以降をターゲット化へ

32bitアプリサポートはまだ継続

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年12月20日, 午後 05:30 in Mobile
0シェア
FacebookTwitter
Googleが、2019年8月までにAndroidアプリの64bit対応を義務化する方針を発表しました。その時点で32bitアプリのサポートを打ち切るわけではないものの、アプリは必ず64bitをサポートしなければなりません。

2015年のAndroid 5.0 Lollipop以来、Androidは64bitアプリケーションをサポートしていますが、2017年の今現在も、32bitコードのみのアプリケーションも動作させることができます。しかし、Googleは2019年8月以降「32ビットライブラリを含むアプリケーションにおいては、同一APK内か公開される複数のAPKの1つとして、64ビットの代替手段が必要」だとしました。ただし、ネイティブコードを含まないアプリはこの限りではありません。

また、2018年8月以降の新しいアプリはAndroid 8.0 Oreo以降のプログラミングインターフェースをサポートしなければなりません(既存アプリは2018年11月末までに対応)。開発に必ずしもOreoが必要なわけではないものの、OSの新機能についてもきちんとサポートすることが求められます。そして、2019年以降は各Androidのデザートリリースに続く1年以内に、対応するAPIレベルを引き上げていくとのこと。

その他、GoogleはアプリがPlay Storeを通じて配信されたという証明のため、ごく小容量のセキュリティ・メタデータを2018年前半からAPKの先頭に付与し、以降はこれが正規ルートで配布されたアプリであることの証明にするとしました。

64bitアプリにしたからと言って、必ずしもアプリのパフォーマンスが向上するわけではありません。しかしいつまでも32bitコードで のほほん としている開発者にアプリのアップデートを促すことで、全体的なアプリのOS機能サポートが向上するようにはなりそうです。

ちなみに、アップルは2015年2月にiOSアプリの64bit対応を必須条項とし、2017年9月のiOS 11リリースをもってiOSにおける32bitアプリのサポートを終了しています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 64-bit, android, android8.0, androidoreo, app, developer, gear, google, googleplay, mobile, oreo, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents