太陽系外から飛来の「オウムアムア」、有機物が数十cm堆積した柔らかい表面を持つと判明

中は氷?

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年12月20日, 午後 06:30 in Space
0シェア
FacebookTwitter
This artist’s impression shows the first interstellar asteroid: `Oumuamua. This unique object was discovered on 19 October 2017 by the Pan-STARRS 1 telescope in Hawai`i. Subsequent observations from ESO’s Very Large Telescope in Chile and other observatories around the world show that it was travelling through space for millions of years before its chance encounter with our star system. `Oumuamua seems to be a dark red highly-elongated metallic or rocky object, about 400 metres long, and is unlike anything normally found in the Solar System.
2017年、突如太陽系外から飛来し、現在は高速で遠ざかりつつある謎の天体「Oumuamua(オウムアムア)」は、一部で宇宙船なんじゃ?という突飛な憶測出るほど奇抜な、細長い形状をしています。当初はその材質は岩石質もしくは金属を多分に含むと分析されていましたが、その後の観測によってその表面は有機物の層が覆っていることがわかりました。有機物がどんなものかはまだはっきりしないものの、あの細長い物体の表面を30cm以上の厚さを持つ層が覆っているために、太陽に最接近したときも氷などがあった場合に発する水蒸気の尾が形成されなかったと推測されます。

Nature Astronomyに掲載された論文によると、オウムアムアの表面はブーツがすっぽりはまり込むほどの深さをもつ炭素が豊富な柔らかい層で覆われ、その下には非常に冷たい芯があるかもしれないとのこと。またその表面が赤い光をよく反射するのは、この表面層は超新星爆発などで放出される高エネルギー粒子を、数百万年以上もの長い年月をかけて浴び続けたことによって形成したと推測されています。

ただ、オウムアムアの内部が実際にどうなっているのかは、もはや探りようがないかもしれません。論文の執筆者Alex Fitzsimmons氏は「本当に氷でできているか?内部構造はどうなっているか?もう私達にはわかりません。しかし、またいつかあるときに、別のものがやってくることがあるでしょう。そのとき、もっと詳細に研究する時間が得られることを願います」としました。

ちなみに、アーサー・C・クラークのSF小説「宇宙のランデヴー」では、細長い円筒形の人工的な物体"ラーマ"が突如太陽系に飛来し、人類と遭遇する話が描かれています。Fitzsimmons氏もNational Geographicの記事中でそのことに触れ、「クラークの予言がまた的中した」とコメントしています。
 
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asteroid, astronomy, cosmic, object, organic, Oumuamua, radiation, space, tomorrow
0シェア
FacebookTwitter