クラウド会計のfreee、ビットコインの確定申告にも対応。2月上旬めど

仮想通貨による利益は「雑所得」

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年01月11日, 午後 01:45 in bitcoin
0シェア
FacebookTwitter

クラウド会計のfreeeは、個人の所得税確定申告機能において、ビットコインなどの仮想通貨による利益(雑所得)の申告に対応すると発表しました。

対応時期は2月上旬で、詳細は後日発表するとのこと。

ビットコインなどの仮想通貨による利益は「雑所得」に分類。昨今は急激な値上がりを受けて、国税当局が多額の売却益を得た、いわゆる「ビットコイン長者」の調査に乗り出したと報じられています。クラウド会計ソフトの対応はそうした人々の一助となりそうです。

またfreeeは、2018年確定申告において、仮想通貨対応に加え、Macでの確定申告(e-Tax)対応、株・FX取引等の申告書第三表への対応、セルフメディケーション制度への対応、繰越損失(申告書第四表)への対応を予定します。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bitcoin, freee
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents