タグ・ホイヤー、スマートウォッチ「Connected Modular 41」発表。カスタマイズ性そのまま、華奢な手にもフィット

自動巻ムーブメントも用意

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年01月15日, 午後 07:00 in Wearables
0シェア
FacebookTwitter
タグ・ホイヤーがスマートウォッチConnected Modularシリーズに従来の45mmケースよりひと回り小さな41mmケースのモデル「Connected Modular 41」を追加発表しました。細身の男性や女性でも装着しやすい大きさです。
Connected Modular 41は330 x 390px解像度、326ppiの円形AMOLEDスクリーンは最大輝度350ニト。1GB RAMと8GB ストレージを備えます。ほかGPSとNFC(Android Pay)、50m防水機能など。OSはAndroid Wear 2.0を採用し、Android 4.4以降またはiOS 9以降のスマートフォンに接続できます。

モジュラー方式の採用より、7種のスタンダードモデルのベルト(ストラップ)やベゼル(ラグ)部分をカスタマイズすることが可能。ベルトは全9種類が用意されます。なお、購入時にはCalibre 5自動巻きムーブメントの追加購入も可能で、付け替えれば一般的な腕時計としても使えます。

Connected Modular 41の予定価格は14万400円から。もちろんカスタマイズによって金額は変わります。

Connected Modular 45の発売時に試着してはみたものの、思ったより大柄でしっくり来なかったという人なら、今度こそコレクションに追加できるスマートウォッチになりそうです。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: connected41, connected45, gear, modular, TagHeuer, tagheuerconnected, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents