仮想通貨で長者になった人を「億り人」と言うそうです。
2009年に誕生したビットコインは、当初は1BTCが約0.07円だったのが、今では約130万円......。2010年にアメリカでふざけて1万ビットコインとピザ2枚を交換した人もいたそうですが、今換算すると大変な額になっています。この高騰ぶりに夢を抱いてしまう人がいるのも当然です。

でも、以前はどこか仮想通貨は趣味みたいな遊び半分の感覚で所有している人が多かったような......。4年くらい前に参加したビットコイン愛好者の集いも、わりと同好会みたいなユルい空気でした。投資目的で持っている人はほとんどいない、と参加者が話していました。今では、だいぶ本気で儲けたい人が多いようですが......。

その時に参加者から1000円で買ったビットコインも、昨年12月には35000円まで上がって高揚し、無敵感で散財してしまいましたが、そのあと急激に下落。一喜一憂しているとエネルギーのムダなので、換金はせず、観賞用のお金として、これからも推移を見守っていきたいです。