家に来た友達に、「Wi-Fiに接続したいからパスワードを教えて」と尋ねられたとき、どうしていますか? パスワードが複雑な場合、相手に教えるのは大変ですよね。

実は、iOS 11にアップデートしたiPhone同士なら、こうした際に便利な「端末を近づけるだけでWi-Fiのパスワードを共有できる」機能が搭載されました。片方のiPhoneがWi-Fiに接続している状態であれば、2代目以降のiPhoneはパスワードを教える手間なく接続ができます。

「パスワードを共有」をタップして接続完了

まずはWi-Fiに接続していないiPhoneで、Wi-Fiのパスワード入力画面を開きましょう。次に、このiPhoneをすでにWi-Fiのパスワードを保存しているiPhoneに近づけてください。


▲「設定」を開き、「Wi-Fi」をタップ。次の画面で、接続したいWi-Fiのネットワーク名をタップする(左)。パスワードの入力画面が表示された(右)

すると、相手のiPhoneに「Wi-Fiパスワードを~~さんと共有しますか?」というメッセージが表示されます。ここで「パスワードを共有」をタップすると、iPhoneが自動的にWi-Fiに接続されます。

なお、このメッセージがなかなか表示されない場合、一度iPhoneをスリープ状態にしてロックを解除すると表示できます。


▲すでにWi-Fiに接続しているiPhone側の画面では、Wi-Fiパスワードを共有するか聞かれるので、「パスワードを共有」をタップする


従来の方法では、人にWi-Fiパスワードを教える際、英字や数字が入り混ざった文字列をひとつひとつ伝える必要があり、教える側にも教わる側にも手間がかかりました。また、いつも使っているWi-Fiのパスワードをとっさに思い出せず、さらに時間がかかってしまう、ということも。

一方、端末同士を近づけてパスワードを共有する方法は、ほんの数秒で終えられます。文字入力のストレスを感じずに済むのは、大きな魅力と言えるでしょう。