GRAMASのiPhone X専用 手帳型ケースにSIMカードが入る限定モデルが登場

カラーは赤。SIMピンも入ります

矢崎飛鳥
矢崎飛鳥, @ACCN
2018年02月3日, 午後 10:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter

個人的に最強と思ったiPhone X用プロテクターとして、Deffのレザー製バンパーをご紹介したばかりですが、世の中は「手帳型信者」のほうが圧倒的多数を占めるという説もあり、究極系を探し求めていた......というわけでもないのですが「限定版」「SIMカード」というコトバに弱いギークの性から目に止まってしまったのがコチラのケース。

高級ケース ブランド「GRAMAS」の赤い限定版は、海外旅行やそれ以外の理由でSIMカードのスペアを持ち歩く機会の多い方に便利なSIMカード(ナノ)とiPhoneに付属するSIMピンがピッタリと収まるスロットを蓋の内側に備えています(さらに、いわゆるフツーのカード用ポケットもあります)。



その点を除いては極めてシンプルなつくり。本革製で高級感あります。



ちゃんと無接点充電にも対応しています。



Apple純正フォリオケース同様、蓋の開閉と画面のスリープ解除が連動します。純正と違って硬いつくりなので、例の板なんか必要ありません。また、マグネットでピタッとくっつくので、クセになるパカパカ感があります。



画面スリープ連動とカラー、そして何よりSIMカードスロットの存在が限定版の特徴となっております。SIMカードとSIMピンが画面に干渉し傷をつけることがないよう、しっかり配慮されているのもポイント(言うまでもありませんが、SIMカードとSIMピンは付属しませんよ)。



まさにギークと河童向けの赤いヤツ。アテクシも「手帳型もいいな」と思ったり......。お値段はガジェットマートで(諭吉1枚です)。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, case, gadgetmart, Gadgets, iphone, IphoneCase, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents