「黒歴史」も発掘? 昔のケータイの再起動イベント、福岡で開催決定

ついに九州でも開催

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年02月13日, 午後 12:20 in mobile
0シェア
FacebookTwitter


バッテリーが劣化して起動しなくなった昔の携帯を再起動させる。そんなイベントを、KDDIが3月2日よりau FUKUOKA(福岡・天神)で開催します。

この「おもいでケータイ再起動」イベントは、過去に使っていた携帯電話を充電・再起動し、埋もれていた思い出の写真を救出&プリントアウトできるイベントです。

携帯電話のバッテリーは長期間放置すると充電できなくなりますが、イベントでは特殊な装置を用いることで、バッテリーの復活を試みます。なお、水濡れや回路が故障している場合には、復活できないこともあります。



過去には名古屋・仙台で開催しており、福岡が3回目の開催。当日参加も可能ですが、事前にWeb申し込みをしたユーザーを優先的に案内するほか、思い出の写真プリントを通常1枚のところ3枚プレゼントするキャンペーンも実施します。

なお、イベントはau以外のユーザー・au以外の端末を持ち込んだユーザーも対象です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: au, battery, fukuoka, kddi, mobile, phone, rechargeable
0シェア
FacebookTwitter