【ビデオ】飛行モードから走行モードへ10分以内に変形!空飛ぶクルマの市販モデルが間もなく一般公開

ヘリコプカー

AutoblogJapan Staff
AutoblogJapan Staff
2018年02月14日, 午後 04:00 in Transportation
0シェア
【ビデオ】飛行モードから走行モードへ10分以内に変形可能! 空飛ぶクルマの市販モデルが間もなく一般公開

オランダのPAL-V International B.V.社が"世界初の空飛ぶ量産市販車"と謳う「PAL-V Liverty(パルヴィ リバティ)」が、3月に開催されるジュネーブ・モーターショーで一般公開される。
%Vidible-5a7b693746bd1e3192958dfc%

このPAL-V Livertyは、飛行モードから走行モードへ、10分以内に切り替わる。走行モードでは最高出力100hpを発生し、0-100km/h加速が9秒以下、最高速度は160km/h。飛行モードでは最高出力200hp、最高速度180km/hとなる。2人乗りで、価格は39万9,000ドル(約4,340万円)から。購入するには自動車運転免許とパイロット・ライセンスが必要となる。顧客への納車は2019年に始まる予定だ。

詳しい情報を知りたい方は公式サイトをチェックしてほしい。




By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

この記事はAutoblog日本版より許可を得て転載しました。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: flying car, geneva, geneva motor show, original video, pal-v, pal-v liverty, Transportation, video
0シェア