iOS版Googleマップが更新、周辺スポットや交通状況へダイレクトアクセス可能に

Android版は1年前に対応していました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年02月16日, 午後 04:10 in mobile
0シェア
FacebookTwitter

iOS版のGoogleマップがアップデートし、周辺スポットや交通状況、最寄り駅やバス停の時刻表表示に対応しました。この機能、Android版には1年前に追加されていたものです。

それぞれの機能は、これまでもメニューをたどることで利用可能でしたが、これからは、Googleマップの下部に表示される3つのタグを使って簡単に表示できます。


利用できるのは「周辺のスポット」「車」「公共交通機関」の3つ。「周辺のスポット」では付近の天気やレストランなどの主要スポットを表示するとともに、メニューからコンビニ、病院、ガソリンスタンドなどを検索可能。「車」では周辺地域の交通状況が色分けされ表示。このとき、通常よりどの程度の遅れとなるのかも合わせて表示されます。最後の「公共交通機関」では、最寄のバス停や駅の時刻表を表示し、そこまでの経路検索も行えます。



まったくの新機能というわけではありませんが、各機能を利用しやすくなったのは確か。Android版の機能を知っていたiOSユーザーにとっては待望のアップデートかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, google, GoogleMap, GoogleMaps, ios, iphone, mobile, traffic, transit
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents