Huawei MediaPad M5発表。筆圧感知ペンやLTE対応、Harmanクアッドスピーカーを備えたプレミアムAndroidタブレット

昨今Androidタブレットでは希少になりつつある高性能モデルです

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2018年02月25日, 午後 10:50 in mwc2018
0シェア
FacebookTwitter


バルセロナのMWC 2018で、ファーウェイがAndroidタブレットの新製品 MediaPad M5 を発表しました。

Androidタブレットは格安を売りにした製品ばかりになりつつありますが、MediaPad M5 は Harman / Kardon のステレオスピーカーやLTE対応SIMスロット(一部モデル)、スマホでよく見かける2.5D曲面ガラス採用など、プレミアムモデルの位置づけです。




MediaPad M5 は画面サイズが8.4インチまたは10.8インチ、さらに筆圧感知ペン対応の M5 Pro モデル、LTE対応と非対応など仕様違いで複数モデルを用意します。

主な仕様は、大きいほうが 10.8インチ2560 x 1600 ピクセル 液晶、Kirin 960オクタコア プロセッサ、4GB RAM、32GB~128GB内蔵ストレージなど。

売りのひとつである Harman / Kardon ブランドのスピーカーは、8.4インチは2基でステレオ、10.8インチは4スピーカーを備えます。

10.8インチはまあまあスリムながら、いかにもジェネリックな大型タブレットといった風情ですが、8.4インチは左右のベゼルの細さと2.5Dガラスで、最近の狭額縁スマホと並べても露骨に時代遅れには見えないシュッとしたスタイルに仕上がっています。



価格帯、発売日などは未定。地域ごとに扱うモデルと同時に発表になる見込みです。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: huawei, huawei mediapad, mediapad m5, mediapadm5, mwc2018
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents