Fitbit、アディダスとコラボの「Ionic: adidasエディション」発表。スポーツバンドに専用アプリ搭載

アップルがナイキ、Fitbitがアディダス、プーマやニューバランスも来るかな?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年02月28日, 午後 06:00 in wearables
0シェア
FacebookTwitter

Fitbitが、アディダスとコラボしたスマートウォッチ「Fitbit Ionic: adidasエディション」を発表、予約受付を開始しました。価格は329.95ドル(約3万5000円)で3月19日発売予定。公式サイトのほか、AmazonやBestBuyなどでも販売されます。日本での発売日は明らかになっていませんが、日本語サイトでは近日発売となっていることから、さほど遅れることなく発売されると思われます。ちなみに標準モデルのIonicは国内でも1月18日から販売を開始しています。

Fitbitは昨年アディダスとの提携を発表していました。そのときはアディダスがアスリート向けのFitbit Ionicをリリースするとしており、今回その約束どおりadidasエディションが発表されたことになります。

本体の仕様自体は標準モデルと変わりませんが、ベルト部が通気性を考慮したスポーツタイプに変更されているほか、ウォッチフェイスも数字が大きいオリジナルデザインとなっています。

また、専用コーチングアプリAdidas Trainを搭載。ウォームアップやクールダウン、代謝を促し速度アップを図るMetabolic、身体をより効率的で力強く鍛えるPower Paceなど、ランニングのパフォーマンスを向上させる6種類のトレーニングを行えます。

adidas editionの発表に先立ち、Fitbitは2017年の収支報告を実施。それによると2017年は通年で2億7700万ドル(297億円)の純損失(赤字)。1530万台のウェアラブルデバイスを販売したものの、2016年から32%の減少とのことです。この結果を受け、Fitbitは2018年をスマートウォッチに力を入れる年だとしています。Pebbleユーザーに対するIonicへの乗換割引はこの一環かもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: adidas, fitbit, fitbitionic, smartwatch, wearable, wearables
0シェア
FacebookTwitter