ポケモンGOでXP 2倍スタート。レックウザの「強風」効果でタマゴとレイドに変動、3月16日まで

3月16日まで。

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2018年03月6日, 午前 07:40 in pokemon
0シェア
FacebookTwitter


ポケモンGOでXP 2倍ボーナス & タマゴとレイドボスの入れ替えが始まりました。期間は3月16日まで。

期間中に手に入れたタマゴから孵化するポケモンと、レイドボスの顔ぶれに「ドラゴン・エスパー・ひこう」タイプが増えるほか、レイド勝利やポケモン捕獲などで得られるXPに2倍のブーストがかかります。
今回の確率変動&ボーナスは、3月5日まで開催されていた「伝説のポケモンとのレイドバトル週間」の結果を受けた変更です。

「伝説のポケモンとのレイドバトル週間」は、ゲーム内の伝承では陸・海・天の象徴として神話的戦いを繰り広げたという超古代ポケモン、グラードン・カイオーガ・レックウザが揃い踏みしたイベント。

期間内に世界の全プレーヤーが「レックウザ」または「グラードン+カイオーガ」のどちらに多く勝利するかによって、続く期間のタマゴ孵化テーブルやレイドボスの種類が影響を受ける趣向でした。

レックウザ勝利の「強風」でブーストを受けるタイプはドラゴン、エスパー、ひこう。グラードン+カイオーガ勝利の「晴れ・雨」でブーストを受けるタイプはくさ・じめん・ほのお・みず・でんき・むし。


運営の発表によれば、「勝利」したのはレックウザ。よって3月6日から16日までのあいだ、


・期間内に入手したタマゴは、通常よりも「ドラゴン・エスパー・ひこう」タイプが孵化する確率が高くなる。

(従来からの仕様に変更がないとすれば、タマゴは入手タイミングで中身のテーブルが決まる仕組み。期間より前に入手していたタマゴを孵化させても、今回の変動の影響は受けません。逆に期間内に入手したタマゴは、期間後に孵化させても中身は同じと考えられます)

・レイドボスとして、「ドラゴン・エスパー・ひこう」タイプが多く登場

・獲得XPが2倍。(レイド勝利だけでなくポケモン捕獲や進化などもブースト対象)


期間内により多く倒されたことをもって「レックウザが勝利しました!」と言われてもよく分かりませんが、噛み合っているのか居ないのか微妙な対立アングルでイベントの盛り上げを図るのはポケモンGOのお約束。

とはいえ、より多く倒された=レイドボスとして魅力的だった、という人気投票的な争いと解釈すれば、すでに登場済みだったグラードン・カイオーガよりもレックウザの需要が高かったのは納得できます。

グラードン・カイオーガは3月5日でひとまず退場しましたが、レックウザは引き続き3月16日まで出現予定。さらにその後は、3月25日(日)に第三回の「コミュニティ・デイ」イベントが控えています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: pokemon, pokemon go, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter